独り言・趣味の靴・ジーンズ・古着・美味い物・フリマ情報・旅行。


by bonnjiji

プロフィールを見る
画像一覧

5月のフリマ開催情報。

06/03(土)味スタ
06/04(日)世田谷公園・大井競馬場
06/10(土)新宿中央公園
06/11(日)世田谷公園・中野坂上
06/17(土)
06/18(日)品川インターシティ
06/24(土)新宿中央公園
06/25(日)中野坂上

カテゴリ

全体
本日の素浪人
フリマ放浪記
趣味の洋服・古着
独り言
ジーンズ
趣味の靴・時計
男の趣味 ・鞄
美味い物
第1回目の旅(台湾)
第2回目の旅(台湾)
第3回目の旅(台湾)
第4回目の旅(台湾)
第5回目の旅(台湾)
第6回目の旅(台湾)
第7回目の旅(台湾)
第8回目の旅(台湾)
第9回目の旅(台湾)
第10回目の旅(台湾)
初めての台南
初めての高雄
第13回目の旅(台湾)
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

最新のコメント

最新のトラックバック

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンズファッション

画像一覧

カテゴリ:男の趣味 ・鞄( 100 )

グレゴリーミッションバッグ グリーン 青タグ。

この色が欲しかったのです。
黒色は持っていたのですが、汚れが目立ちみすぼらしく見えるので、内部の剥離が少し始まった所で手離しました。現物は綺麗なグリーンです。青タグも綺麗に残っております。手持ち部分がレザーなのも持ちやすくて良いです。

d0133791_10012185.jpg
3WAYですが、手持ちと背負い込むショルダーは使いますが、肩掛け用のショルダーは、別売りのため装備無しですので使いません。
不要の場合は、全て背後に格納できます。
d0133791_10020584.jpg
ジッパーはラウンドですので、短期間の出張には十分です。グレゴリー特有の大きなプルのダブルジッパーなので使いやすいです。
d0133791_10025814.jpg

[PR]
by bonnjiji | 2017-05-07 10:11 | 男の趣味 ・鞄 | Trackback | Comments(0)

RAY-BAN WAYFARER レイファーラ アメリカ製。

今では少なくなりました、レイバンのボシュロムのレンズが入った物は・・・・・。

イタリア物の安っぽい物が多くなりました、レンズにB&Lの砂打ちが入っておりませんので御注意して下さい。

見掛けはイタリア製と全く同じデザインなので、砂打ちとUSAの文字を確認の事。

今回は、フレーム・レンズ共に傷が無く殆どデッドでの捕獲となりました。これからの季節にはマストアイテムですね。

d0133791_10014055.jpg
黒ぶちの眼鏡は存在感がありますね。
レンズの枠上部にB&L5022の刻印があります。
右の弦には、B&L RAY-BAN U.S.Aの刻印があります。左の弦にはWAYFARERの刻印があります。
d0133791_10020445.jpg
専用のビニールの純正のケースです。しかし古くなっていますので中のコーテング?が剥がれて来て細かい炭の様な粉末が出て来ました。
早速、水道で歯ブラシを使い洗いましたので、解決されました。
d0133791_10023286.jpg

[PR]
by bonnjiji | 2017-03-21 10:04 | 男の趣味 ・鞄 | Trackback | Comments(0)

PORTER ポーター タンカー セージ色。

前回黒を購入して使い易さに惚れて色違いで買ってしまった。

生地はタンカーで柔らかくて使い易いのです。ボタンの剥げはありません。その下にあるオレンジ色のベルクロも健在です。チェックポイントの一つです。
d0133791_12204681.jpg
使い古されて、このタグのステッチが飛んでいる物もありますが、これは綺麗なまま残っています。チェックポイントの一つです。

d0133791_12211556.jpg
ショルダーの根元付近にベルクロで隠された小部屋があります。チケットやへそくりを入れます。
d0133791_12214140.jpg

[PR]
by bonnjiji | 2017-03-07 12:25 | 男の趣味 ・鞄 | Trackback | Comments(0)

L.L.Bean ショルダー・ハンドバック 2WAY 。

前回同様のエルエルビーンのショルダー・ハンドバック2WAYのリアルレザーのバックです。
色目が、焦げ茶色に近い、良色合いです。
とても良い色合いなのですが、ソフトレザーの為、爪や尖ったもので当たると傷が出来ます、しかしオイルを入れて磨きますと傷が治ります。
フラップを留める方法は、画像のバックルでは無く、留め金にプッシュして留めます。
これですと、片手で開閉が可能です。(BRADYのギボシと同様に開閉し易いです)バックルですと両手での操作になり雨や急ぎの時に大層不便です。
良く考えられております。
d0133791_13085572.jpg
当方に来た時は殆ど新品です、前回と異なる所は画像にもあるように保存袋がタグ付きで付いていた事でしょう。
フラップの留め金が上下見えます。
内部の生地はコットンでビーンらしく魚のプリントが施されております。
d0133791_13092413.jpg
正面のフラップを上げた所です。小ポケットが2個見えます、その内側にはジッパー付きのポケットがあります。
内側、つまり身体側には、本体と同じ大きさの外ポケットがあり、新聞や雑誌を入れます。
同色のショルダーベルトが、拘りを感じさせます。
d0133791_13094025.jpg
ボトムからレザーバックを保護するナイロンのカバーが格納されております。全体を包むように保護をします、突然の雨には重宝します。

[PR]
by bonnjiji | 2017-02-23 13:10 | 男の趣味 ・鞄 | Trackback | Comments(0)

karrimor alpiniste 800 カリマースリーピングバック。

山岳用品に近頃気になっており自然と興味が湧きます。
先日も、不必要な物を買ってしまいました。(スキー用ステック・ピッケル)
何でもかんでも買うのではなく、そのメーカー(ブラックダイヤモンド)に限って収集しております。
今回は、カリマーのスリーピングバックです。
何故かと言うと、800フィルのダウンの量です、画像は畳んで有りますが、ダウンがパンパンに入っておりスタッグバックから取り出すと同時に一気に膨らみ始めました。(御覧の状態です)
d0133791_15062615.jpg
色目は2枚目が近い感じです。シンサレードのスリーピングバックも持っておりますが、ダウンはやはり違います。いきなり暖かいです。
そして収納する時に小さく畳めます。他の中綿ではこんなに小さくはなりません、ダウンの良い所です。
マミータイプなので首までジッパーでしめられて、足元は膝ぐらいまでダウンに包まれます。
ダウンジャケットにしたら、いったい何着分のダウンが入っているのでしょうか?。
寒冷地仕様で-20℃は大丈夫の様です。

d0133791_15065545.jpg
ダウンの本場、ヨーロッパ・ポーランドのダウンです。暖かい訳です。次回事務所での使用が楽しみになりました。
d0133791_15085668.jpg

[PR]
by bonnjiji | 2017-02-20 15:07 | 男の趣味 ・鞄 | Trackback | Comments(0)

L.L.Been ショルダーバック 手提げ 2way

ビーンのレザー使いのバックを気に入り何点か収集しております。サイズは、50×30×18です。

いずれも、チャイナ製になるのですが、革自体はアメリカ製で縫製等はチャイナでやられているようです。

このタイプのバックでは、型崩れが心配されますが、取っ手が付いておりますので、ショルダーが飽きたなら手提げで使えます。

内部には小さなポケットが多数付いており、収納には不自由しません。

両サイドには小ポケットが付いており、折り畳みの傘・ペットボトル等を収納します。
d0133791_12433727.jpg
このバックの手の込んだ所は、底にビニールのバックカバーが潜んでおります。
突然の雨には、直ぐに底のジッパーを開けてオレンジ色のビニールを取り出します。
d0133791_12440530.jpg
ぐるりと廻しますとこの画像の様に綺麗に納まります。ショルダーも外側に出ますので、傘等をさしても大丈夫です。
d0133791_12444224.jpg
どうです、綺麗に革を全体的に包み雨シミから守ります。



[PR]
by bonnjiji | 2017-02-17 12:45 | 男の趣味 ・鞄 | Trackback | Comments(0)

Black Diamond ブラックダイアモンド トート バックバック 。

クライム関係では最高峰と自負しております。2wayのバックで色々重宝しております。
入口が巾着用に絞れるようになっており更にショルダーを絞り背負いこむと中身がこぼれないようになります。
約40ℓぐらいの大きさです。
内部は防水仕様となっており、シンプルなデザインですがそれなりの仕様です。
d0133791_09591661.jpg
正面にblackdiamondのロゴが刺繍で入ります。
d0133791_09474666.jpg

[PR]
by bonnjiji | 2017-02-17 10:08 | 男の趣味 ・鞄 | Trackback | Comments(0)

PORTER ポーター タンカー 黒。

ウエストポーチ・ショルダーバック・ワンショルと色々な用途で使えます。
中に財布・パスポート・スマホ・一眼レフ・色々入ります、意外と大きな収納が期待出来ます。
d0133791_121566.jpg

タンカー生地なので、柔らかく強く好感が持てます、但し引き攣れの傷が目立ちますので、お使いの時は他者とぶつからないようにしましょう。
d0133791_12154120.jpg

程度の良い物をゲット擦る時には、タグのステッチ飛び・ポケットのベルクロの剥がれ・ボタンの塗装の剥がれを注意して見て下さい。
フライターグ・CHROMEショルダー黒では、入りきれないので今はポーターが活躍中です。
[PR]
by bonnjiji | 2016-11-28 12:15 | 男の趣味 ・鞄 | Trackback | Comments(0)

BRADY 3兄弟。

一番下段のアリエルトラウトはBRADYの基本となるドリルドロップ素材。イタリア・リモン社のドリルドロップの間にポリウレタンの膜を挟んだ3層構造のラミネート素材を使っています。表面に防水加工を施しているため、少々の水気のあるものを入れても、また雨に降られても防水効果があり、そのウオータープルーフ効果は半永久的であると言われております。
但し、保管する時に中にあんこを入れておかないと、皺になりその皺が内部の圧着の剥離を起こしますので、必ず形を整えて中にあんこを入れて収納して下さい。
このメーカーのカバンが好きです。
ただただ単純に好きなのです。
形や大きさが私にはぴったりなのです。そんな訳で一堂に御紹介です。
d0133791_14324729.jpg


アリエルトラウトのドリルドロップの生地のバックは、バブアーを着用する時は、オイルがバックに付着するので、その時は使用しません。

それとジーンズを着用する時は使用しません、インデイゴの色移りがしますので従って使う時期がありません、トホホホホホ・・・・・・。

レザーのアリエルトラウトは出番が回ってきそうです。そうです、バブアーにもジーンズに対しても最強です。

キャプテン・ホールドオールの出番は、いったい何時になるのであろうか?。ハンドルをギュッと握りしめて、颯爽と歩いてみたいです。
[PR]
by bonnjiji | 2016-11-20 14:32 | 男の趣味 ・鞄 | Trackback | Comments(0)

BRADY CAPTAINS HOLDALL キャプテンホールドオール。 

BRADYのアリエルトラウトのレザー版をゲットしたら、今度は旅行用に手ごろなバックが欲しくなりました。
調度、このブツを見かけて即買いでした、軽くて持ち運びに便利な金属性のキャスター付が色々ありますが、その様な物は若い衆に任せて、おじさんは敢えてレトロな英国調のバックが欲しかったのです。
飛行機の中にも、堂々と持ち込めますし、多少のエバリも・・・・・・・。
長期間の旅行等は今は予定も無いし、今後もナッシングです。それならばと・・・・・・・・。
シボ革でお色はchestnut、焦げ茶色かな?。黒でしたらスルーしたでしょう黒のバックはあちこちに沢山ありますからね。
近頃台湾に行く時も荷物はあまり持たないので、大きさは、36×23×43で、2~3日の小旅行には最適なバックです。
一番の理由は、お土産を買わなくなったから、大きなバックは必要ナッシングなのでした。
画像には有りませんが、ショルダーが付属します。
d0133791_1334985.jpg

補強用・ハンドル共にブライドルレザーを惜しみも無く使い、100年は使えそうです。
画像では、硬い革の様な感じがしますが、手に取って見ると柔らかくてビックリします、さらに柔らかいと型崩れが心配されますが、しっかりとした形です。
d0133791_134916.jpg

底に多少の汚れがあったのですが、綺麗に拭き取りますと新品同様に蘇ります。
本体にも擦れ等が散見されたのですが、シボ革で目立たず、同色で補色すると新品同様となりました。
レザーは育て甲斐があるので好きです、また大事に使います。
d0133791_1343255.jpg

外側にオープンポケットがあり、週刊誌や新聞を入れます。
内部には、結構な大きさのジッパー付のポケットがありますので、貴重品は中に格納します。
バブアーやツイードのJKTにはお似合いの一品です。
ちなみに、¥79,700円程するそうです。
どうしても欲しいと言う方は本国よりのお取り寄せとなるそうです。
お次は、BRADYのMONMOUTH BAGを狙いましょうか・・・・・・。
[PR]
by bonnjiji | 2016-11-19 13:04 | 男の趣味 ・鞄 | Trackback | Comments(0)