独り言・趣味の靴・ジーンズ・古着・美味い物・フリマ情報・旅行。


by bonnjiji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

8月のフリマ開催情報。

8/05(土)新宿中央公園
8/06(日)品川インターシテー
8/12(土)新宿中央公園
8/13(日)五反田TOC・品川インターシテー
8/19(土)味スタ
8/20(日)
8/26(土)新宿中央公園
8/27(日)大井競馬場

カテゴリ

全体
本日の素浪人
フリマ放浪記
趣味の洋服・古着
独り言
ジーンズ
趣味の靴・時計
男の趣味 ・鞄
美味い物
第1回目の旅(台湾)
第2回目の旅(台湾)
第3回目の旅(台湾)
第4回目の旅(台湾)
第5回目の旅(台湾)
第6回目の旅(台湾)
第7回目の旅(台湾)
第8回目の旅(台湾)
第9回目の旅(台湾)
第10回目の旅(台湾)
初めての台南
初めての高雄
第13回目の旅(台湾)
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のコメント

最新のトラックバック

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンズファッション

画像一覧

カテゴリ:第9回目の旅(台湾)( 3 )

故宮博物院で購入の郎世寧の本。

館内は撮影禁止の為、約5000円弱の価格ですが思い切り買いました。
記念に購入しましたが、兎に角、重い重い腕が抜けそうになりました。
表紙です。
d0133791_1575493.jpg

内部の画像です。八頭の馬の絵です。
d0133791_1581744.jpg

裏側です。
d0133791_1583485.jpg

パンフレットに印刷された絵です。
d0133791_1585074.jpg

[PR]
by bonnjiji | 2015-11-26 15:08 | 第9回目の旅(台湾) | Trackback | Comments(0)

強行軍の台湾旅行。

初めてのお使いでした。(いつもは相方におんぶに抱っこ状態でしたが、今回は一人で初めてのお使い状態でした。)
一泊四日の強行軍の顛末は以下の通りです。
朝早い便の為、羽田空港に前乗りして一泊です。
11/18(水)
早めに空港に行き今夜のベッドを確保する。4Fフードコートのソファー席を探したが見つからず(片付けられていた)。仕方なく2Fの入国・3F出国ロビーを探すも出入国者でごった返しており、ベンチも空きが無い、5Fに移動する。5Fの展望デッキに向かう手前のホールに9個のベンチ(ベッド)があり、そこに今夜のベッドを確保する。照明も明る過ぎず暗過ぎず程良い照明に満足する。
荷物を置き一人居酒屋を開設すべく、5F~1Fのローソン迄買い出しである、この様な時に一人旅だと荷物の番人が必要になるが、致し方無く、貴重品のみを身に付けて速攻で買い物です。
ビール・おにぎり2個・歌舞伎揚げ煎餅を準備して始まりです。ビールをもう一本と思いましたが、トイレに行く状態になると荷物が心配の為、我慢する。
d0133791_132599.jpg

21時頃から始めましたが寂しいもんですね。画像のノースフェースのダウンを枕に良い夢を・・・・・・・。
23時には、ベッド、ベンチは満席状態です。遅くとも9時頃までには確保しないと、4階のフードコートの待合の硬いベンチしか無くなります。3人掛けのベットは快適です。靴・靴下を脱いですっかりくつろいでしまいました。12時頃から、何処かで工事が始まり煩い事・・・・。しかし、気にならない程度です。
11月19日(木)(この時点で二日目に突入です。)
3時頃起床して、見回すと、女性の方も結構な数おりました。羽田からの一番機なのか、3時半頃にピーチからのチェックインの案内放送ががあり、3Fに移動する。そこのベンチにも何人か爆睡中でした。
d0133791_132039100.jpg

チェックインカウンターは、未だガラガラです。チェックインを済ますと、機内持ち込みのバックの計量がありましたが、中身は着替えだけなので軽々パスする。
そこで目にした状況を記しておくと、某国の女性の二人ずれの様子です。一人が、機内持ち込みのバックから荷物を取りだして軽くしてから、チェックインして計量を受ける。OKとなり元の場所に戻りバックに物を詰め込む。
連れの女性が今度同じ様に荷物の入れ替えをしてチェックを受ける。その間連れの方が荷物を番をする。
考えたもんですな。
セキュリテーを抜けて出国審査です。搭乗ゲート107番ゲート一番乗りです、自慢する事でもないか?。

セキュリテーが4時から始まる迄少し待たされる。
d0133791_13195690.jpg

これがA320エアバスです、印象は小さいなああああ。羽田空港の第一便でしょうね。薄暗い中、誘導灯のみが鮮やかに光ります。離陸は小型機なのか、エンジン回転数をあげて一気に離陸です。昔のジャンボの様に
ゆるゆると長く助走をとりのんびりと離陸とは・・・・・懐かしい限りです。
機内の様子は、3列3列の並びで狭さが感じられて、最後尾の座席から見るとまるで鰻の寝床の様な様子でした。運良く通路側の座席(400円余分に払う)に座りましたが、隣が空席の為、両脇が空いており快適なフライトとなりました。前の席との感覚はやはり狭い感じがしましたが、通路側の為足を伸ばせたので苦にはなりませんでした。水平飛行に移り朝飯の時間です、背凭れに雑誌と一緒にメニューを見て、コーヒーとピーチデニッシュ(アップルパイ)で500円でしたが、美味しかったです。サンドウイッチの様な生モノが入らない焼き菓子しかありませんでした。注文をしている人は10人に1人ぐらいでした。流石にアルコールを注文している乗客はおらず、皆財布のヒモは固かった。(アサヒスパードライ+おつまみ=500円)
機内で現地時間に(1時間の時差)合わせてから就寝する。
着陸もあっという間に完了して台湾に到着です。入国審査も難なくパスして、荷物は手荷物の為早々に両替をして入国しました。
バスで市内のホテルに向かう。多少一般道は混雑しましたが予定通り台北駅脇のバス亭に到着する。
定宿のホテルにチェックインして一休み。知り合いの従業員の陳調憲さんにお土産を渡す。
さてこれからミッションの消化です。ホテルから歩いて肥前屋で鰻を食べて、中山駅に向かい故宮博物院に出発です。待ってろよ、郎世寧!。
d0133791_1452367.jpg

懐かしの故宮です。
d0133791_1485879.jpg

郎世寧の催事のポスターが、壁一面に掲げられております。
d0133791_1491099.jpg

いよいよ御対面です。
d0133791_1492366.jpg

画像が乗せられないのが残念ですが、画集を買って来ていつでも手にとって見れる事に満足する。
本物は、圧倒される雰囲気がありその場を立ち去り難く立ち尽くすばかりであった。腕は鳥肌がたち、声も出なかった。遠い昔の、絵の顔料も綺麗に残っており、つい先ほど書きあげた様な出来栄えであった。
遥々見に来たかいがありました。
残念な事は、大陸からの観光客でごった返し、五月蠅くて五月蠅くてとても落ち着いて鑑賞すると言う事が出来ない人達であり、ガラスに手をついて触ったり、後ろで見ている人達の迷惑も一切関係なく自分勝手な振る舞いに眉をひそめる台湾の方も多数おりました。郎世寧が無かったら二度と来ないであろうと思いました。
故宮の下の公園で、一羽の喋喋を見つけました、去り難く、後を追ってきた喋喋を写真に収めました。
d0133791_14374240.jpg

さらば郎世寧!。心の中にいつもおりますから・・・・。

イタリヤのミラノ出身の郎世寧(ジュゼッペカステリョーネ/Giuseppe Castiglione,1688~1766)は幼いころから絵画を学んでいました。19歳の時にジェノバでイエスズ会士となり、ポルトガルのリスボンに移りました。その後、1714年にローマ教皇庁により副音伝道者として海外に派遣され、1715年(康匪54年)に中国に到着しました。その年の暮れに北京を訪れた郎世寧は、画家として清朝宮廷に奉職することになり、それから乾隆31年(1766年)に病死するまで、51年もの長きに渡り内廷に仕えました。生前、郎世寧は(奉賑苑卿)という官職に就いていましたが、死後に乾隆帝から恩賞として(侍郎)という官位を追贈されました。
郎世寧が、康照朝(1662~1722)に仕えていた頃に描いた作品は一つも残されてはいませんが、幼正元年(1723年)に幼正帝即位に際して描いた(聚端図)が皇帝の目に留まり、高く評価されました。
幼正6年(1728年)には(百駿図)と題した長巻の大作を完成させました。
これらの作品全てに西洋画の技法が用いられており、写生と一点透視図法を用いた描写に重きが置かれておりますが、中国の伝統的な美意識と(祥端思想)(植物や動物等に吉祥の意味を重ね、美術品のモチーフとして象徴的に用いた)が表現されています。乾隆時代(1736~1795)、郎世寧は中国伝統の紙や絹布、顔料、毛筆を使い、如意館の書画家とも協力して(中西融合)とも言える新しい院体画を創造しました。
題材は皇帝と皇后の肖像、美しい花々などの植物、鳥類や動物、重要な式典など多岐に渡ります。
絵画だけでは無く、円明園にあった洋館の室内装飾や磁器の紋様、(得勝図)の銅版画稿等も手掛けました。

MRTで台北に戻り、三越で買い物をして、絵画を見て疲れたので早々に休む。肥前屋の鰻がこたえたのか、食欲はナッシングでした。

11月20日(金)3日目です。
モーニングサービスを食べて、最終日のミッションを消化する。
228和平公園を散歩して国立歴史博物館に行く。
本当のお宝は、故宮に在らず。この国立歴史博物館にあり。写真撮影も可能です。ただ、ただ本日は閲覧中止でありました。入り口で入場料を払うのですが、この時は徴収されなかったので、おかしいなと思いましたが
閉館中でした。ガックシ。それならばと、お隣の228国家記念館に出向き、(無料)観覧する。何回見ても悲しい事件である。でも今回は少し状況が違います。この事件に巻き込まれた日本人が8名程いると言う事が判ったからです。その人達に頭を下げて帰る。
d0133791_1536589.jpg

植物園を散策して、腹が減ったので、西門町の鴨肉を食べに行く。
d0133791_1539417.jpg

麺のスープがあっさりコクがあり美味しい。カモの肉はそんなに美味くない。
d0133791_15395671.jpg

次に龍山寺に行く。お参りを済ませ、ホテルに戻り風呂に入る。
d0133791_15431717.jpg

今日の20時にチェックアウトして、桃園国際空港・第一ターミナルにバスで向かう。早めに移動したせいか空港で時間を持て余す。22時40分からチェックインが始まり早々に出国審査へ。1時の飛行機です。

11月21日(土 )4日目です。
予定通りの時刻に離陸して一路羽田へ。四時半頃に着陸して帰国しました。通関でお兄ちゃんに荷物の中を検められました。あまり良い気分ではなかった。新宿行きのリムジンバス5:45分に余裕で乗り込み帰りましたとさ。

これで1泊4日の旅は終わりました。LCCはもう良いや。
[PR]
by bonnjiji | 2015-11-23 13:02 | 第9回目の旅(台湾) | Trackback | Comments(0)

台湾旅行・LCC ピーチを利用しての・・・・・。

駆け足での旅行日程を組んでみました。弾丸ツアーです。
明日の朝一のフライトなので、今夜は前乗りで空港のベンチ泊です。
一人居酒屋状態で夜を過ごす予定です。
羽田空港~台北桃園国際空港
[PR]
by bonnjiji | 2015-11-18 15:40 | 第9回目の旅(台湾) | Trackback | Comments(0)